前回からの続きです、、、。

遅咲きゴルフに限らずかもですが、前回の「ダフる」と同時に最初の頃にぶつかる壁のもう一つが「トップ」です。

ボールの手前の地面を打ってしまうミスが「ダフリ」ですが、「トップ」は逆に上部(TOP)を打ってしまうミスですね。

これも原因は「打つぞ」と力んでのこと。なので原因は実は「ダフり」と似ています。

打つぞと力んでしまい、体重が右足(レフトヒッターの場合は左足ですね)に残る、あるいはボールの行くすえが気になりすぎてスイングと同時に顔ごとボールの飛球線を追いかけようとしてボールをきちんとヒットする前に身体が伸びきってしまい、結果的にボールの上部だけをこするように叩いてしまいます。

結果、ボールは低いライナー、あるいは地面を転がるゴロになってしまいます。

本当に実戦ではこの二つが顔を出してきます。さぁ!という場面でこれが出てくると、ガックリと気持ちが沈んでしまいます。。。

対策でよく言われるのが、スタート前の練習でティアップしたボールを7番アイアンあたりで打つ練習。
僕もやってみましたが、確かに即効性はあると思います。

が、それよりも何よりもとにかく「力まない」ことが一番肝心。

それとボールの行方をすぐに追うのを我慢して視線をしばしボールを置いていたあたりに残すこと。この方が効果があるように思います。
視線を残すことは、この後に出てくる「スライス」の防止にも直結しますね。

最初の頃に意識して「力まない」ことを習慣づけるのは遅咲きゴルファーには必須のことかもしれません。力まないことを意識する、って難しそうですが、僕はこういうところこそ、若者ではない我々遅咲き勢の強みのような気がします。

会社の仕事やなんかの経験で、意気込んで失敗した数々、それらが我々にはあります。ですので、遅咲き勢ゆえの強さをたくさん意識して使っていきましょう!

to be continued,

ヘタクソパパサーフィン
ヘタクソパパコーチ
ヘタクソパパお好み焼きLovers