前回からの続きです。


前回までに「ダフリ」と「トップ」をお話ししました。
お話ししたと言っても遅咲き素人のコメントですのでお役に立つかどうかですが。。。

今回は「スライス」です。
です、と言いつつ僕も未だにドライバーやFWなどシャフトが長いクラブを振る時に、しばしばスライスが出ます。。。
ですので、こればっかりは簡単には治らないというか、その時の気持ちの持ちようやコンディション次第で顔を出してしまうという割り切りで気楽に取り組む方が良いかと思います。

何よりも先に言えるのが、ここでも「力まない」ことです。
もう「力み」というのは百害あって一利無しくらいに思って良いと思います。
力む原因はやはり「意気込んでしまう」ことですね。
意気込むことでダウンスイングで身体が突っ込み、結果的に右肩(右利きの場合です)の開きが早くなり、それにつられて体の開きも早くなり、クラブとヘッドが遅れてくるのでヘッドが開いた状態でボールを打ってしまう。打つというよりこすってしまい、ボールにスピンがかかって弾道がスライスしてしまう。。。。

我々遅咲きシニアには、仕事やビジネスで経験した忍耐力があります。
打ち急がずに、トップから右肩の位置を動かさずにダウンスイングに入る、これくらいの気構えでスイングして丁度良いくらいだと思います。

これくらいの感覚で気持ちよくスイングするとヘッドがクラブを追い越してくれて「バぃ〜ん!」ってな感じでヘッドがボールを捉えてはじき返してくれると思います。

to be continued,

スクールは重要です。期限を決めて結果を求めるならこちら!
ライザップゴルフ

最初の頃はよく分からずにクラブを選ぶことも。不要になったクラブはこちらで買取!
ゴルフエース(GOLF ACE)
 
他のヘタパパシリーズもよろしく。
ヘタクソパパサーフィン
ヘタクソパパコーチ
ヘタクソパパお好み焼きLovers